お墓の話

お墓の話

オリオンの季節

早朝新聞を取りに行き、空を見上げると、オリオン座が見えました。つい数日前は半袖だったのに、朝は肌寒くなってます。今年は、去年以上に秋が短いような気がします。お墓づくりは 幸せづくり 創業明治34年ふるかわ石材店
お墓の話

オリジナル墓

先日、卸のお得意様に↑お納めしたお墓の図面です。球体のところに文字を彫るようになるのですが、彫る位置決めが難しい、珍しい形のお墓です。お墓づくりは 幸せづくり 創業明治34年ふるかわ石材店
お墓の話

寄り添う思いに応えていたら

平成11年にお墓を建てさせて頂いた県外にお住いのお施主様から、年2回↑とお心遣いのお品が届きます。お墓は寺院内の墓地にあるので、お世話する必要は無いのだけれど、このお施主様のお気持ちが有難くて、一番喜んでいただけるだろう代参のお墓参りをさせ...
お墓の話

ご先祖様がいなければ

ご先祖様がいなければ自分は生まれてこれなかったて自覚ありますか?お盆前のお墓のお掃除の依頼が入ってきております。雨と気温の上昇で、草の伸びる勢いが速まりそうです。お墓づくりは 幸せづくり 創業明治34年ふるかわ石材店
お墓の話

お葬式をしない寺

昨日サンメッセへ石の展示会に行き、薬師寺の執事・大谷徹奘(おおたに てつじょう)師の講演を拝聴してきました。薬師寺はお葬式に関わらないお寺ですが、それでもなおお墓に刻む字をと言うご依頼があるそうで、↑この字をお渡しするそうです。やはり、お墓...
お墓の話

献花のお話

PCの具合が悪く、画像のアップに手間取って、ついつい書く手が止まっております。(お辞儀)もうすぐ、草木の芽吹きの季節ですが、亡くなった方に花を捧げる起源が後期ネアンデルタール人だといわれている説があるのをご存知でしょうか?この説は、イラクの...
お墓の話

今あるお墓を思っての選択。

さぬき路の秋祭りはまだまだ続くのですが、うちがお手伝いしたり、獅子舞をお迎えしたりするお祭りは、ひと段落です。写真は、牟礼町から写した屋島です。こういう風景を見ていると、さぬきの豊かな自然に感謝、感謝です。
お墓の話

仏様へのお供物

↑は、奈良でお世話になった日本旅館でいただいたおみやげです。旅館で読んだこのふきんの説明書きに、奈良東大寺大仏様の年に一度(8月7日)のお身拭いに、使用されていると書いてあったので、『石屋として興味ある品物やなぁ~』と、思っていました。
お墓の話

役所や管理組合への手続き

写真は、坂出市役所の封筒です。この封筒の中身は、
お墓の話

一味違う、デザイン墓

昔ながらの和型にこだわる気持ちはサラサラないのですが、これいいんじゃない!って思える洋墓に出会うことが無かったので、お施主様に洋墓お勧めしていいの?て、戸惑いがどこかにありました。
タイトルとURLをコピーしました